妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

3.多嚢胞性卵巣症候群

3.多嚢胞性卵巣症候群

不妊症

PCOS(多嚢胞性卵巣症候郡)は、排卵障害の一つで、卵胞はある程度育つのに、すべて未熟で、成熟できる卵胞がないために排卵できないという病気です。
発症のメカニズムははっきりしていませんが、ストレスや栄養障害、排卵誘発剤の多用など、さまざまな原因が考えられます。
高男性ホルモン、高プロラクチン、高LH(黄体形成ホルモン)などの分泌異常を伴うことも多く、この場合は肥満気味、毛深いといった外見的特徴が現れることもあります。

また、複数の成長卵から、一つだけの成長卵(主席卵胞)をピックアップでないことから、この主席卵胞の選別の課程(アポトーシス)がうまくいかないこと が根本原因であるとの説もあり、ここだけを見るとガン細胞との共通点も指摘されています(ただしガンとは全く違う疾患です)。

中医学にはPCOSの概念はないのですが、この病気の人は、太り気味であること、卵胞がある程度育っているのに排卵できないという特徴から、体にたまっている痰湿(水毒)を取り除き、血を巡らせて排卵を促す(化痰活血促排卵)という方法をとります。

このような働きの漢方薬を用い、西洋医学の治療も併用することによって、かなりの改善例が見られるようになっています。

関連記事(症例など)

多嚢胞性卵巣症候群の症例A

多嚢胞性卵巣症候群の症例B

ページの先頭へ