妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

子宮内膜症の症例A

子宮内膜症の症例A

不妊症の症例

氏名 Y.S(29才) 体格普通 結婚?年目

初回来店時
最初は子宮内膜症の相談で来店された。生理痛がひどく、排卵時にも腹部が痛む。病院で子宮内膜症と診断され、内膜の発病部位はダグラス窩とのこと。血虚 症状強く低血圧で、問診中に貧血で倒れ、店内でしばらく休憩したほどであった。リュープリン注射をするとひどい更年期様症状が出て断念、低容量ピルに切り替えたが、嘔吐、食欲不振などの胃腸障害が強いため中止した。病院治療を止めて漢方でとの要望で、治療開始。

婦宝当帰膠8ml + 折衝飲(錠剤) + ユビデカレノン 痛むとき田七人参茶頓服。
~ 同方続服

6ヶ月後
体調は非常に良好で、あれほどひどかった貧血・低血圧の症状がずいぶん楽になった。ただあれから全く病院に行っていないので、一度病院を変えて診察して もらうようにアドバイスをした。その結果、内膜症はずいぶん良くなっているので、ホルモン治療を続けるか、妊娠を希望するかと聞かれたとのこと。当然妊娠 を希望し、今までの経緯をDrに話し、一年だけ漢方治療をやりたいとお願いしたところ、了解され、その代わり定期的に診断に行くこととなった。

生理の状態
この時点では、ほぼ28日周期で、生理痛も弱く感じる程度になっている。排卵時の下腹部痛は依然あるが、田七人参でほとんど治まる。体温は思ったより高 く、低温期で36.4゜高温期で37゜前後となる。手足のほてりがあり、口乾もある(特に高温期後期)。生理前のイライラは前より減ったが、今でも少しある。その他著変なし。

方剤
全期を通じて婦宝当帰膠5ml+折衝飲 ×2回卵胞発育期 婦宝当帰膠8ml+杞菊地黄丸10粒 ×2回
排卵期 逍遥丸10丸 ×2回
黄体期 参茸補血丸1/2丸+杞菊地黄丸5粒 ×2回
月経期 逍遥丸10丸 ×2回(月経前の違和感を感じたら始める)
~ 同方続服
12ヶ月後 妊娠されたとの報告を受けた。

関連記事(症例など)

子宮内膜症の症例B

子宮内膜症の症例C

ページの先頭へ