妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日・祝日

お問合せはこちら

2020年6月 <36才 体外受精予定中の自然妊娠>

赤ちゃんが欲しいと思ったら!

今までに当薬局で漢方不妊療法をされた方800名以上が妊娠!!

信頼と実績の当店にご相談下さい

東洋医学では不妊の原因を子宮だけでなく、身体全体の様子をみながら、狂ったリズムを正常にし、体質改善を行っていきます。
なかでも、今大きな注目を集めている「漢方不妊療法」をご紹介しております。
また、男性不妊用の漢方薬も調合しております。
赤ちゃんが欲しい!と思ったら、まずは一度お気軽にお電話下さい。

■無料相談受付中
毎週水~日曜日 10~18時

妊娠おめでとう報告

2020年6月 <36才 体外受精予定中の自然妊娠>

結婚して6年目のご夫婦。結婚して3年目から病院治療を始めました。排卵誘発剤を服用しながらタイミング法を8か月間、人工授精を6回実施しましたが、妊娠に至らず、体外受精にステップアップしました。採卵を3回実施して5個の卵子が取れましたが、いずれも受精後成長が停止して、移植できず、当店に来店されました。
詳しく問診したところ、両卵管、ご主人の精子の状態も正常とのことで、基礎体温もほぼ正常でした。問診上、特に特徴的なことがほとんどない状態でした。このような場合、漢方治療としては最も基本的な治療を考えるのが原則です。中医学による不妊治療の3大原則は①養血(ようけつ):「血」は全身の臓器や組織に栄養(この場合ホルモンなども栄養と考えます)を届け、精神をも安定させる働きがあります。毎月の月経で「血」が不足しやすいので日ごろからたっぷりと血を養っておくと、妊娠力を高めることができます。
②活血(かっけつ):子宮や卵巣はストレスや冷えなどから血の巡りが悪くなりやすい環境にあります。血流の滞った状態を「於血(おけつ)」といいます。血流をよくすることで子宮や卵巣の環境が整い、妊娠力アップにつながります。
③補腎(ほじん):生命エネルギーの源である五臓の「腎」は成長、発育、ホルモン分泌、生殖機能などに関わります。このエネルギーを腎精(じんせい)と呼び、加齢によりこの腎精が衰えると卵子そのものの生命力の低下に直結します。そのため妊活では、腎を補い、健やかに保つことが大切です。
この3大原則に従って、養血、活血、補腎の漢方薬を半年間服用していただき、体調も良くなったため、病院で採卵の予定をたてていました。生理が来たら採卵の準備に入るので来院してくださいといわれていましたが、高温期が続くためチェックしたところ、妊娠反応陽性となりました。その後、流産予防の漢方薬を継続していただき、現在順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2020年5月 <31才 チョコレート嚢腫 子宮筋腫>

結婚して3年目のご夫婦。生理痛と排卵痛がひどくて病院で検査したところ、右側の卵巣に3㎝大のチョコレート嚢腫と子宮の筋層内上部に3㎝大の筋腫が見つかりました。病院では妊娠を希望しているのであれば、妊娠を中心にした治療を勧められました。排卵誘発剤を飲みながらタイミング法を半年間実施しましたが、妊娠に至らず、チョコレート嚢腫と筋腫が少し大きくなってきているといわれ、当店に来店されました。
詳しく問診したところ、頭痛・肩こりがひどく、手足末端が夏でも冷えやすいとのこと。また生理痛・排卵痛もひどくて、生理の中に塊も多くて、生理前の体調不良もかなりつらいとのこと。典型的な於血(おけつ)体質(血行障害)と考えて、体を温めながら血流をよくする漢方薬(温陽活血)、於血が原因で腹腔内にできた腫瘤を壊して体内に吸収する漢方薬(破血薬:山稜、ガジュツ、紅花、水蛭など)、腹腔内腫瘤の慢性炎症が原因で発生する活性酸素を除去して子宮内炎症を抑える漢方薬(松節エキス、ピクノジェノール)を配合して服用していただきました。
漢方薬を服用して2~3カ月で、生理痛、排卵痛、生理前の体調不良が改善し、14か月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2020年4月 <28才 体外受精 不育症>

結婚して4年目のご夫婦。2年前より病院治療を始めました。タイミング法~人工授精~体外受精とステップアップして、一回目の採卵で胚盤胞が6個凍結できて、移植を3回、そのいずれも妊娠判定陽性となりましたが、いずれも5~7週で初期流産となり、当店に来店されました。詳しく問診したところ、やせ形で、胃腸も弱く、潰瘍性大腸炎の治療中とのこと。下痢・腹痛が頻繁で、怖くて食事量が増やせないとのこと。
気血の不足と腸内及び子宮内の乳酸菌環境の悪化が不育症の原因と考えて、気血を補う漢方薬と腸内、子宮内の乳酸菌環境を整える漢方薬を半年間服用していただきました。その後、胚盤胞凍結卵の移植を実施。妊娠が確認され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、先日無事に元気な男の子を出産されました。

妊娠おめでとう報告

2020年3 月 <35才 体外受精 移植できる受精卵が育たない>

結婚して3年目のご夫婦。年齢のこともあってすぐに病院治療を始めました。体外受精で採卵を3回実施しましたが、胚盤胞まで育たず、移植ができないと来店。詳しく問診したところ、生理周期が35~40日、基礎体温も全体的に低体温で、肩こり、片頭痛があり手足末端の冷えも強いとのことで、体を温めながら血流を改善する漢方薬(温陽活血薬)と年齢による卵子の質の低下を考えて、子宮、卵巣の若返りを図る漢方薬(補腎薬)を5か月間服用していただき、再度採卵していただきました。その結果、胚盤胞が3個、分割胚が3個凍結でき、移植用の漢方薬(温陽活血+子宮内の乳酸菌環境を整える漢方薬)に切り替えました。
採卵後すぐに移植を進められましたが、生理周期が正常化することと、体温が少しでも上がってからの移植をお勧めして、採卵から4か月後、準備が整ったとして、胚盤胞凍結卵の移植を実施。妊娠が確認され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2020年2月 <43才 不育症 自然妊娠>

結婚して5年目のご夫婦。2年間避妊後、年齢のこともあってすぐに病院治療を始めました。HMGを注射してタイミング法で4か月後に自然妊娠しましたが、胎嚢が見える前に化学流産。その後、人工授精を3回実施して妊娠。胎嚢、心拍は確認できましたが、2回目の流産。病院を変えて、卵管の通水を行い、自然妊娠。今回も胎嚢の確認後、3回目の流産となり、当店に来店されました。
詳しく問診したところ、生理や体温に特に異常がなく、病院では原因不明で、年齢から卵子の質が悪い(染色体異常?)と言われたとのこと。さらに詳しく聞いてみると、奥様は軽度のリウマチがあり、家系もリウマチや甲状腺機能亢進症(バセドウ病)などの親せきがあるとのことから自己免疫性の不育症と判断して、腸管免疫をコントロールして自己免疫を抑えるシイタケの菌糸体と、腸内の善玉菌である酪酸菌とビオチン、ラクトフェリンを配合した乳酸菌をお勧めしました。
漢方薬を服用して6ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2020年1月 <36才 第二子不妊 自然妊娠>

結婚して7年目のご夫婦。第一子は5歳の女の子で、自然妊娠。3年前から第二子を希望して通院中とのこと。病院ではタイミング法、人工授精6回、体外受精を2回(採卵2回、移植1回)実施しましたが、妊娠に至らず、当店に来店されました。詳しく問診したところ、体温が低温期で36.0゚~36.3゜、高温期で36.4゚~36.6゜とやや低体温で、下半身がむくみやすいとのこと。生理周期は正常で、生理痛もほとんどないが、最近生理の量が減ってきて、日数も3、4日で終わるとのことでした。そこで体を温めながら血流を良くする漢方薬(温陽活血)、水毒を取りながらホルモンバランスを整える漢方薬(利水調経)、子宮、卵巣の力付けをして若返りを図る漢方薬(補腎薬)の併用をお勧めしました。
漢方薬を服用して5ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年12月 <37才 排卵誘発剤が効きにくい 体外受精>

結婚して2年目のご夫婦。年齢こともあって結婚当初から病院で治療中。排卵誘発剤を服用しながら人工授精を3回実施後、HMGを注射して体外受精(採卵)を4回実施しましたが、全て未熟で未受精となりました。病院では排卵誘発剤が効きにくいタイプといわれ、完全自然採卵を勧められて来店。
そこで卵巣のHMGレセプターが少なくなっている可能性を考えて、タンポポ茶ショウキT-1Premを3ヶ月間服用後、再度HMG刺激による採卵を実施して採卵。2個の胚盤胞を凍結。その後漢方薬の服用を続けながら、凍結卵を増やしておきたいとのご希望で2ヶ月後に再度採卵を実施、今回も2個の胚盤胞を凍結でき、合計4個の凍結卵を続けて移植。3回目の移植で妊娠が確認でき、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年11月 <33才 多嚢胞傾向あり 自然妊娠>

結婚して3年目のご夫婦。病院での治療中で、卵管、ご主人のコンディションは正常。人工授精を4回実施して、4回目に妊娠しましたが、9週で稽留流産となり、当店に来店されました。もともと多嚢胞性卵巣の傾向が指摘されていて、人工授精の際もクロミッドを服用していました。
詳しく問診したところ、体温が35.8~36.5゚、手足の末端の冷えが強くて、貧血もあるとのこと。やや便秘気味で、頻尿傾向、体がむくみやすく、生理痛も強いとのことでした。また肩こりがひどく、痔もあってつらいとのことでした。
そこで貧血を改善して血流を良くする漢方薬(補血活血)、水毒を取りながらホルモンバランスを整える漢方薬(利水調経)、痔や軽度の多嚢胞を改善する漢方薬(破血薬)の併用をお勧めしました。
漢方薬を服用して2ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年10月 <39才 第5子の妊娠の希望 自然妊娠>

結婚して10年目のご夫婦。第1子から4子まで全て自然妊娠で授かりました。第4子まではトラブルなく妊娠できましたが、第5子を希望してタイミング法でチャレンジしましたが、なかなか授からないと来店。
基礎体温を見てみると、36.4~36.7゚で不安定で二相性がありません。また生理周期も25日前後と早い周期になっていました。冷え性ですが、手は温かく感じられました。また第4子出産後、体重が5㎏以上減ったとのことでした。第5子の妊娠希望とのことも考慮して温経散寒・補血調経(体を温めて冷えを改善して、ホルモンバランスを整える)の漢方薬と、補腎薬(卵巣機能の回復を図る漢方薬)をお勧めしました。
漢方薬を服用して5ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年9月 <24才 多嚢胞性卵巣症候群 >

結婚して2年目のご夫婦。初潮の時から生理周期が35~45日と長く、1年間タイミング法を実施しましたが妊娠に至らず、病院へ。エコー検査で複数の卵胞が確認され、多嚢胞性卵巣と診断されました。病院では排卵誘発剤を勧められましたが、ご夫婦ともに服用に抵抗感があって、何とか自然妊娠したいと来店されました。
詳しく問診をしたところ、生理周期が直近では40~60日と長くなってきていて、多嚢胞の程度が強くなっている可能性がありました。また肩こりと生理痛が強く、排卵日付近の下腹部痛(排卵痛)もありました。そこで多嚢胞の治療として温陽活血薬(お腹を温めながら血流を良くする漢方薬)、化痰薬(卵巣に溜まった水毒を排泄する漢方薬)、7日に1回しか排便できない強い便秘があったので通便作用と腸内環境を整える漢方薬をお勧めしました。漢方薬を服用して2ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年8月 <34才 高PRL血症 >

結婚して4年目のご夫婦。2年前から婦人科に通院を始めて、卵胞の発育を確認してタイミング法を1年間、自然周期での人工授精を2回実施後、当店に来店されました。
詳しく問診をしたところ、生理周期が28~40日と不安定で、基礎体温も低温期で36.5~36.9゚、高温期で36.6~37.3゚と全体的に高体温でバラバラ、低温期と高温期がはっきりせず、排卵後の体温の上昇もだらだらと上昇。生理前に強く胸が張ってイライラ感が強く、また生理が来るのかと強い鬱感におそわれるとのこと。不妊ストレスによる高プロラクチンと考えて、、疎肝解鬱薬(ストレスを緩和してリラックスさせる漢方薬)と理気活血薬(メンタルを安定させて血流を良くする漢方薬)、プロラクチンの低下作用のある炒り麦芽をお勧めしました。漢方薬を服用して4ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年7月 <30才 原因不明の不妊症 >

結婚して4年目のご夫婦。1年前から婦人科に通院を始めて、卵胞の発育を確認してタイミング法を1年間実施後、当店に来店されました。
詳しく問診をしたところ、通院している病院が不妊症専門ではなく一般の婦人科で、不妊検査をしたことがないとのことでしたので、卵管のチェックとご主人の精子のチェック、奥様の血液検査(女性ホルモン値)をお勧めしました。その結果、いずれも異常はなく、原因不明と言われ、注射剤の排卵誘発剤(HMG)を打ってのタイミング法を勧められました。奥様が特に異常がないのに排卵誘発剤を使うことに抵抗があるとのことで、通院を中止しました。その後、当店で体質をチェックした後、奥様は慢性の貧血があって、かなり神経質でイライラしやすいこと、そのために睡眠が不十分で、眠りが浅いこと、肩こり、偏頭痛が頻繁にあること、食欲にばらつきがあり過食と不食を繰り返していることなどから、疎肝理気活血薬(抗ストレスと血流を良くする漢方薬)、養心安神薬(心の栄養不足を補って睡眠の質を上げる漢方薬)をお勧めしました。漢方薬を服用して3ヶ月後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年6月 <37才 男性不妊 女性低体温(奥様29才)>

結婚して6年目のご夫婦。4年前から婦人科に通院を始めて、タイミング法~人工授精を3回実施しました。人工受精時にご主人の精子の状態を調べたところ、精子量2.5ml 精子数400万/ml 運動率8% 奇形率75%で、顕微授精を勧められて、当店に来店されました。
詳しく問診をして体質をチェックした後、ご主人はストレス環境が強く、飲酒、タバコも吸うとのことで、疎肝理気活血薬(抗ストレスと血流を良くする漢方薬)、飲酒、喫煙で発生する活性酸素を除去する目的で松康泉(しょうこうせん)、その他精子の原料となる各種ビタミンを。奥様には温陽活血薬(体温を上げて血流を改善する漢方薬)をお勧めしました。漢方薬を服用してご主人の精子の状態が以下のように改善しました。
2ヶ月後:精子量3ml 精子数1200万/ml 運動率39% 奇形率30%
4ヶ月後:精子量4.8ml 精子数1600万/ml 運動率60% 奇形率22%
その後、自然妊娠を望まれて、通院を中止。漢方の服用を初めて約1年後、自然妊娠され、妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年5月 <44才 体外受精>

結婚して14年目のご夫婦。5年前から婦人科に通院を始めて、タイミング法~人工授精~体外受精を実施しました。40才で2回目の体外受精で妊娠反応陽性となり、心拍も確認できましたが、8週で心拍が停止して流産となりました。しばらく間を開けて体外受精を続けましたが妊娠に至らず、その採卵結果もどんどん悪化して、次の採卵を最後にしたいと来店されました。来店前の採卵結果は以下の通りです。
1回目:採卵数5個 凍結卵数2個(分割胚) 移植2回 妊娠反応なし
2回目:採卵数3個 凍結卵数1個(胚盤胞) 移植1回 妊娠陽性後、流産(8週)
3回目:採卵数3個 凍結卵数0個(分割胚) 移植0回 妊娠反応なし しばらく休院
4回目:採卵数7個 無精卵・変性卵4個 凍結卵数0個 移植0回
5回目:採卵数6個 無精卵・変性卵5個 凍結卵数0個 移植0回
病院を変えて体外受精
6回目:採卵数7個 無精卵・変性卵5個 凍結卵数1個(分割胚) 移植1回
妊娠反応なし その後来店
詳しく問診をして体質をチェックした後、病院で投与される排卵誘発剤の感度を上げる目的でタンポポ茶ショウキT-1Prem、卵巣の毛細血管の血流を改善する目的で松康泉(松瘤のエキス)、卵子の変性を予防する目的で天然型葉酸を含む棗参宝(ナツメと人参)をお勧めしました。以上の漢方薬を6ヶ月間服用していただいた後、採卵を実施。その結果、胚盤飽を2個凍結できて、移植後、妊娠が確認されました。妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

妊娠おめでとう報告

2019年4月 <31才 高プロラクチン 多嚢胞性卵巣>

未結婚ですが同棲して5年。ずっと赤ちゃんが欲しくてタイミングを取ってきましたが、妊娠できないと来店されました。もともと生理周期が35~50日で遅月経でしたが、2年前に3ヶ月間生理が停止したため、通院して検査を受けたところ、高プロラクチン血症と多嚢胞性卵巣と言われました。カバサールとピルを服用して生理を調整後、タイミング法をチャレンジしようとしましたが、改善することなく病院治療を断念しました。その1年後にやはり自然妊娠したいと来店。詳しく問診すると現在の生理周期は35~50日。基礎体温では低温期で36.5゚~36.8゚、高温期で36.7゚~37.2゚と高体温でバラバラ、しっかりとした二相性がなく、排卵期の体温も階段状に上昇して、どこが排卵なのかわかりにくい状態でした。高プロラクチンと多嚢胞性卵巣であること、舌診(舌とした苔の状態を診ます)、脈診、基礎体温などから、疎肝理気活血作用(ストレスを緩和して気の流れを改善して末梢の血流を改善する漢方薬)、化痰作用(卵巣に溜まった泥状の水毒、多嚢胞の原因を除去する漢方薬)、プロラクチンを下げる働きの漢方薬(炒り麦芽)をお勧めしました。漢方薬を服用して9ヶ月後、自然妊娠のご報告をいただきました。妊娠後も流産予防の漢方薬を継続していただき、現在も順調に経過しています。

1 / 812345678
ページの先頭へ