妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

秋から冬にかけての咳

秋から冬にかけての咳

季節の病気と漢方薬

これから冷える季節になると、咳が出る病気が増えてきます。

咳は、炎症や異物、冷気で気道が刺激されると、頸部と胸・腹の内臓に分布している迷走神経が反射しておこります。まず深く息を吸い込み、声門を閉ざします。つぎに腹部の筋肉や肋骨の間の呼気筋が収縮して肺内の空気を圧縮し、声門を開いて一気に空気を吐き出して気道内の異物を排除します。そのスピードはなんと時速180にも及ぶほどです。そして咳が続くとずいぶん体力を消耗してしまいます。もちろん不快な症状でもありますし、早く止めたほうがいいと考えがちです。

しかし、咳と同時に痰を伴う場合は、咳だけ止めようとしてはいけません。というのは咳が痰を排出するためのものだからです。痰を伴う咳は、多くは感染によるものです。気管支炎、肺炎、肺化膿症、肺結核、慢性気道炎症などで、冬に悪化して症状が強くなることもよくあります。この場合咳だけを止めると、痰が気道に溜まってしまって、空気の出入りが悪くなったり、感染の拡大を招いたりする恐れがでてきます。

特に熱が3日以上続いたり、黄色や緑色をした膿のような痰や血痰を伴ったりするようなら、早めに受診しましょう。抗菌剤の治療が必要かもしれません。

痰のない咳は、おおむね止めてもよいものです。そのなかでも呼吸をするときにゼーゼーと喘鳴が聞こえ、息切れがするようなら、かなり気管支喘息が疑われます。秋に悪化しやすいので、この時期、症状が強いようなら、受診して呼吸機能検査を受けてください。たいていこれで診断がつきます。ぜん息は重い発作で命をおとすこともあります。有効な吸入療法がありますので、早めに治療を始めることが大切です。

似たような症状でも、長年タバコを吸っていた方なら、むしろ肺気腫や慢性気管支炎といったCOPD(慢性閉塞性肺疾患)が疑われます。やはり冬に症状が悪化します。COPDの方は、まずタバコをやめることが治療の第一歩になります。そうは言ってもなかなかやめられないという方は、禁煙外来で上手な禁煙方法を習ったり、ニコチンパッチを処方してもらったり、あるいは薬局でニコチンガムを買って挑戦するのもひとつの方法です。受診したらやはり呼吸機能検査が必要です。

ゼーゼーはしないけれど、よく息切れが一緒にあるという方は、肺線維症などが考えられます。粉じんの職場で働いてきた方や、慢性関節リウマチなどの膠原病がある方にも、同じような症状が出ることがあります。レントゲンやCTなどで検査してもらいましょう。

最近話題になっているのは、3週間以上続く慢性の咳です。

血圧の薬のうちACE阻害剤(レニベースなど)などの副作用として出る咳、食道炎、咳だけのぜん息、アレルギー性の咳などは、検査をしてもなかなか診断がつきにくいのです。これらは肺以外の原因も調べなければなりません。

また肺がんの症状として血痰が有名ですが、咳だけ続くこともよくありますから注意が必要です。

さてこの時期にしておかなければならないのは予防接種です。インフルエンザについては、受けたことがある方が多いと思います。ただこれを受ければかぜにかからないと、誤解されている方もいらっしゃるようです。予防接種はあくまで、かかったとき重症にならないようにするためのものですから、手洗いやうがい、マスクなどの予防はやはり必要です。

もうひとつ予防接種として、肺炎球菌に対するワクチンがあります。普通に生活していてかかる肺炎で一番多い原因菌が肺炎球菌です。ワクチンには、一部を除き自治体からの補助はありませんが、65歳以上の方、糖尿病・腎臓病がある方、肺や心臓の慢性疾患がある方、脾臓を摘出した方(この方は健康保険で予防接種ができます)の肺炎球菌による重症の肺炎に有効とされています。かかりつけの病院、診療所に問い合わせてみてください。なお入院中にかかる肺炎の原因菌で多いのは緑膿菌、グラム桿菌など別の菌です。

タイプ別漢方治療

肺寒症タイプ
特徴:この体質の人は普段から寒がりの体質で冬になったり、寒くなったりすると水っぽい痰や咳がでます。ゼエゼエとした咳がでて発作状態になることもあります。冷房の入った部屋が嫌いで、手足が冷えています。普段は汗をあまりかかず寒冷により発作が起こってきます。
漢方薬:小青竜湯 杏蘇散 参蘇飲

肺気虚症タイプ
特徴:寒さや暑さに関係なく、ちょっとしたことで風邪を引いてしまう人、元気がなく水っぽい痰がよくでる、声も弱々しい
漢方薬:衛益顆粒 桂枝加黄耆湯

肺熱証タイプ
特徴:夜布団にはいると咳が出る、暖かい部屋に入ると咳が出る、風邪を引いて風邪は治ったけれど、咳がなかなか止まらなく夜間特にひどい、 頭に汗をかくほどの咳をすること時もある、咳がでると激しい。
漢方薬:五虎湯 麻杏甘石湯 二陳五虎湯

肺陰虚症タイプ
特徴:夜寝ているときに微熱や不快な発汗があり、足などが火照り寝苦しい、乾いた咳
漢方薬:麦門冬湯 滋陰降火湯

脾気虚証タイプ
特徴:胃腸が弱く、下痢気味で食事後、眠気が強くでる 体力がなくいつも疲労感があり、喘鳴や発作を繰り返す。
漢方薬:喘四君子湯

腎陰虚症タイプ
特徴:喘息とともに足腰がだるく痛む、手足もほてる。難聴、耳鳴りがある、精力が減退してきた、目がかすむ、夜間排尿がある、高齢者の慢性咳
漢方薬:八仙丸 八味地黄丸

肝気鬱結証タイプ
特徴:精神的なストレス、感情の起伏などから喘息発作を起こす人。
漢方薬:柴朴湯

咳の原因となっている病気に注意して、秋冬を元気に乗り切ってください。

ページの先頭へ