妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

不正出血

不正出血

女性のための漢方薬

不正出血

不正出血とは「性器からの出血で生理時以外に出血すること」です。月経痛や月経不順と同じくらい患者数が多く悩みを持っている女性が多くいます。

出血量はその時の原因により、おりものにうっすらと血が混じったものから、状態や量はさまざま。その量が少々だからといって放置しない方がよいでしょう。病気が隠されているかもしれません。

不正出血で考えられる病気は、「子宮ガン」「子宮筋腫」「子宮内膜症」「卵巣ガン」「多嚢胞性卵巣」などです。また、「トリコモナス膣炎」「流産」「子宮外妊娠」なども不正出血を伴います。やはり子宮やそのまわりの状態からくる病気が多く見受けられます。

出血とともに、のぼせ、イライラなどの症状を伴うことがあったら病名が確定されることがあるので、不正出血以外の他の症状に注意をしておきます。

不正出血には、大きく分けて次の二種類の出血があります。
1. 器質性出血
生殖器に病気がある場合におこる。その中で良性と悪性に分かれる。
良性・・・子宮筋腫、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、子宮内膜ポリープなど
悪性・・・子宮頸ガン、子宮体ガン、膣ガン、外陰ガン、子宮肉腫など
2. 機能性出血
女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌のバランスが崩れおこる。思春期、更年期に多く見受けられる。一時的なホルモンバランスの崩れからおこるので出血量は少量。

では、不正出血の治療はどのようなものなのでしょうか?
不正出血の原因が、問診と内診でわかったら、その原因や体調により止血剤、低容量ピル、排卵誘発剤などを使用します。ピルや排卵誘発剤は、予防やコントロールをする方法です。

また、ホルモンバランスの崩れによる不正出血は、ホルモン注射をすることがあります。このような薬剤を使用した場合、ある程度副作用があるかもしれないということを、忘れないでください。ドクターとよく相談するようにしましょう。

また、検査をしてもわからない時があります。その原因はわかっていません。この場合、子宮の調子を整えるように努めましょう。

不正出血の漢方治療としては、以下の4タイプに分けて治療します。

Ⅰ.陰虚タイプ
特徴:腰や膝がけだるい、口が渇きやすい、ふらつき、めまい、耳鳴り、手のひらや足の裏が熱っぽくなる、不眠
生理・不正出血の状態:色が鮮紅色あるいは暗紅色、粘稠(ねとっとしている)で塊もある。
漢方薬:知柏地黄丸(じばくじおうがん)、黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)

Ⅱ.脾気虚タイプ
特徴:疲れやすい、疲れがたまりやすい、顔が浮腫みやすい、食が細い、一度にたくさん食べられない、便がゆるくなりやすい、下腹部の下墜感(力なく落ちる感じ)、眠りが浅い。
生理・不正出血の状態:色が淡くうすい、だらだら続く
漢方薬:帰脾湯(きひとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

Ⅲ.陽虚タイプ
特徴:寒がり手足が冷える、顔色がさえない、腰が痛だるい、思春期の成長不足
生理・不正出血の状態:色が淡くうすい
漢方薬:きゅう帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)、鹿茸大補湯(ろくじょうたいほとう)

Ⅳ.オ血タイプ
特徴:下腹部の疼痛、圧痛、出血の塊が出ると痛みが軽くなる、舌の色が紫がかっている
生理・不正出血の状態:色が紫っぽい暗紅色で塊がある
きゅう帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)、田七人参(でんしちにんじん)

 

いずれの場合も漢方的な体質判定と選薬が重要です

不正出血でお悩みの方、しっかりとした体質チェックと選薬の出来る当店にご相談ください。

ページの先頭へ