妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

ストレスと不安神経症

ストレスと不安神経症

メンタル疾患と漢方薬

心の病気とストレスの関係が深いことは、広く知られるようになりました。
ただ“ストレス”とひと言で表わしても、入学や卒業、就職、結婚、転居、近親者の死などの身近な出来事(ライフ・イベントといいます)、過労や加齢による身体の衰え、季節の変化など色々なことが影響します。

また、たとえ同じ出来事でも、個人の性格(物事の受け止め方)によって、人が感じるストレスの大きさは変わります。特別な出来事が思い当たらない場合でも、ちょっとした環境の変化などで心身の状態が変わったときに、心の病気になりやすいといえるでしょう。

かつて、ストレスが引き起こす病ともいわれた「神経症」には、様々な症状がありましたが、国際的な診断基準が見直され、最近では「神経症」という言葉は診断名としては使われなくなっています。新しい疾病分類のひとつである「不安障害」は、かつて神経症とよばれた病態と重なっており、ストレスや過労がきっかけになり引き起こされることも多くみられます。不安障害とは、症状の中心が「不安」である様々な疾患の総称です。不安を感じるという経験は誰でもありますが、不安障害では不安の対象が漠然としていることが多く、程度が極端です。

不安障害には、「全般性不安障害」「パニック障害」「社会恐怖」「強迫性障害」「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」などが含まれています。かつて不安神経症とよばれていたものは、全般性不安障害とパニック障害にあたります。

全般性不安障害

《症状と原因》
漠然とした慢性的な不安に悩まされ、また身体にも様々な症状が現われます。
精神症状として、自分の今の状況や体調、起こるかもしれない事故や失敗などについての強い不安や心配があげられます(他人からみれば、気にならないことであったり、考えても仕方ないように感じられる事柄であったりします)。また強い焦燥感を感じたり、些細なことにびっくりしたり、何をするにもおっくうで何もしない(できない)、などのこともあります。思考力や集中力、注意力、記憶力、判断力が低下し、疲れやすくなります。不眠症、または過眠(眠り過ぎること)の場合もあります。

身体症状では、頭痛・頭重感、めまい、ふるえ、発汗、筋肉痛、首や肩のこり、動悸、息苦しさ、胸痛(または胸部の不快感)、下痢、便秘、吐き気(または腹部の不快感)などがあります。

薬物療法としては、気持ちを落ち着けるための抗不安薬が有効です。また抗うつ薬も用いられます。本人の性格や生育歴(生い立ち)が症状に関係していると思われるときは、精神療法(カウンセリング)が並行して行われることも多くあります。

パニック障害

《症状と原因》
突然、理由もなく強い不安や恐怖に襲われる発作(パニック発作)が起こり、その後も頻発するようになる不安障害です。
具体的な症状としては、動悸、息苦しさ、めまい、ふるえ、胸痛、発汗、吐き気、非現実感、離人感(自分が自分でないような、夢のなかにいるような感じ)などが現われることが多く、皮膚が冷たく(または熱く)感じたり、手足がしびれたりすることもあります。
発作自体は短時間(20〜30分程度)で治まりますが、息苦しさや動悸の激しさから「心臓の病気ではないか」と考え、救急車をよんでしまうケースも少なくありません。
何度か発作を繰り返すと、そのうちに、また発作が起こるのではないかという「予期不安」や、このまま気が狂ってしまうのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感に襲われることも特徴です。
発作の頻度は様々ですが、予期不安が強いと、生活や行動に支障がでるようになります。1人での外出や乗りものに乗ることが不安で困難な状態になる(広場恐怖の症状を伴なう)場合も多くあります。
薬物療法では、抗不安薬や抗うつ薬がよく用いられます。発作が起こる頻度を減らしたり、「また起きるのではないか」という不安を抑えることに役立ちます。
予期不安や広場恐怖に関しては、精神療法(とくに認知行動療法)も有効です。例えば「発作が起きても死んでしまうわけではない」と学ぶなど、物事のとらえ方を変えることで、不安を減らしていきます。また、心身のリラクゼーションや呼吸法を練習する場合もあります。

不安神経症の漢方治療

体質や症状により、次のような漢方薬をお奨めします。
1. 肝気鬱結(かんきうっけつ)
症状:うつ感が強い・ため息が多い・横腹が張って苦しい・情緒不安・生理不順、月経前の胸の張り
漢方薬:逍遥散(しょうようさん)
2. 肝鬱化火(かんうつかか)
症状:不眠・あせり感・怒りっぽい・目充血・口が苦い・便秘・
漢方薬:柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
3. 痰熱内擾(たんねつないじょう)
症状:食欲不振(吐き気、嘔吐)・不眠・不安・動悸・夢が多い、怖い夢をよく見る
漢方薬:温胆湯(うんたんとう)
4. 心腎不交(しんじんふこう)
症状:イライラ・不眠・夢が多い・顔が赤くなる・のどが渇く・足腰のだるさ・耳鳴り・動悸、月経早まる
漢方薬:天王補心丹(天王補心丹)
5. 心脾両虚(しんぴりょうきょ)
症状:不眠・物忘れしやすい・食欲不振・倦怠感・疲れやすい・動悸・顔が青白い・やる気が出ない

漢方薬:帰脾湯(きひとう)

心の病気は誰でも一生のうちにかかる可能性があるといわれ、決して特別なことではありません。

なかなか良くならないストレスと不安神経症も、体質と病状に合わせた漢方薬で本当に楽になります。また温灸法も指導させていただきます。ストレスと不安神経症でお悩みの方、しっかりとした体質チェックと選薬の出来る当店にご相談ください。

ページの先頭へ