妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

14.卵管通過性障害

14.卵管通過性障害

不妊症

卵管が詰まって、受精することができない「卵管障害」は、不妊の原因としてかなり多いといわれています。
クラミジアなどの感染症から卵管が炎症を起こしたり、子宮内膜症によって、卵管が癒着で詰まるケースがほとんどですが、中には先天的に卵管が細い「卵管形態異常」もあります。

中医学では、卵管が詰まる原因を、主に湿熱、気滞、お血などに分けて考えています。

例えば、子宮内膜症による卵管のつまりは、気滞とお血が問題となることが多いので、気や血を巡らせる理気活血の漢方薬を使って対処していきます。
詰まりの程度にもよりますが、理気活血によって、改善することも十分にあります。

ただ、完全に卵管が詰まっている「卵管閉塞」と診断された場合は、やはり手術が必要になりますし、場合によっては体外受精を選択した方がいいケースもあります。
この場合も、体質に応じた周期療法を併用することで、より妊娠しやすい状態に導いていくことが可能です。

関連記事(症例など)

卵管通過性障害の症例

ページの先頭へ