妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

皮膚のトラブルはまず解毒から!漢方解毒療法とは

アレルギーと漢方薬

喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎

どうすれば治る?

①体の中から・・・『免疫』の働きを正常にする。
②体の外側・・・『皮膚』を丈夫にする。
③腸の中を整える・・・腸は最大のアレルゲンの入り口。『腸管免疫』を働かせる。

アレルギー疾患は二週間以上たったものを『慢性』といいます。

対症療法だけでは治りません。

体の中から治すことが大切です。特に喘息やアトピー性皮膚炎の場合は、抗原と抗体を検査しておく必要があります。

抗原: アレルギーを起こす原因物質。主として牛乳・卵白・大豆・花粉・ハウスダストなどに含まれる「異種蛋白」。
抗体: 抗原が体の中に入ってきた際、これを処理するために抗体というものが作られますが、アレルギーI型の人は、健康人では作らない【IgE(アイジーイー)抗体】というものがたくさん出来てしまいます。
このIgE抗体の量を調べる必要があります。
I型アレルギーとは、IgE抗体の多い病気のことで、I型アレルギーの病気には、喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症(アレルギー性鼻炎)、アレルギー性結膜炎などがあり、すべて同じ仲間です。

ですから、これらの病気が交互に起こったり、同時に起きたりすることがあるのです。
尚、抗原と抗体の検査は、皮膚科・小児科・内科などの病院・医院でできます。

そしてIgE抗体が皮膚や眼、気管支や小腸に多く分布する「マスト細胞」といわれる細胞を刺激し、破壊してしまう結果、マスト細胞に含まれる顆粒成分のヒスタミンや起炎症物質が血中に流れ出し、これらが、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・かゆみ・喘息発作を起こすのです。

では、何故健康人と違ってIgE抗体がたくさん出来てしまうのでしょうか?
それは『免疫』という、体の防衛システムの働きがおかしくなっているからです。

また、ごく最近の研究で、このようなアレルギー体質の方の多くが、腸管内の環境が悪くなっている(悪玉菌が多くて、これより発生する物質により腸管が傷ついてる)ことが多いということがわかってきました。
そしてこの腸管の傷から、食べ物の未消化アレルゲンが大量に体内に侵入しているというのです。

これらアレルギー疾患を治すキーポイントは、免疫システムを正常化することと、腸管内にできた傷を治して善玉菌が増殖できる良い腸内環境を整えることで、これは体の中から治すのが基本です。
それも副作用がない方法が大切です。
害があるものは免疫の働きを悪くします。そこで漢方薬や自然薬の研究が進んでいるのです。

現在、いわばこのニュータイプの漢方薬・自然薬で、副作用も無く、良くなられる方が増えてきました。

ステロイドホルモンを使った薬は、痒みや炎症を取るにはよく効く薬です。
しかし反面、連用すると

1.免疫の働きを低下させる
2.皮膚組織が萎縮・老化し、皮膚の色が変色・潤いが無くなり、元の健康な皮膚に戻りにくくなります。
濫用は避けるべきです。私どもは、健康な潤いのある皮膚になるような外用剤をまず基本に考えています。

『効く薬』と『治す薬』は違います。効くから治る、とは限らないのです。
漢方薬・自然薬によって、症状を抑えるためだけの合成薬の対症療法から1日も早く脱却して、薬に頼らない、本当の意味での健康な体を取り戻すためのお手伝いをさせていただきます。

【アレルギー】記事一覧

アレルギー

皮膚のトラブルはまず解毒から!漢方解毒療法とは

ニキビ・イボ 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 白ナマズ アトピー 慢性湿疹 基本は体の中を掃除することから 体には尿や […]

記事を読む »

アレルギー

解毒療法でできること!

①体に溜まる湿(余分な水分、老廃物)を排泄します! 解毒漢方は利尿を促し、体から湿(余分な水分、老廃物)を排泄 […]

記事を読む »

ページの先頭へ