妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

2018年9月 <24才 視床下部性低ホルモン 無月経>

2018年9月 <24才 視床下部性低ホルモン 無月経>

妊娠おめでとう報告

最初結婚前の20才の時に無月経とのことで来店されました。初潮後しばらくはきちんと生理が来ていましたが、高校に入学してストレスから無月経に。現在はカウフマン療法で生理を起こしているとのことでした。病院での血液検査の結果、FSH、LHいずれもかなり低値で、視床下部性の無月経と言われました(甲状腺ホルモンは正常値)。
詳しく問診をして体質をチェックしたところ、冷え性、目まい・立ちくらみ、疲れやすい、眠りが浅い、不安感などの血虚の症状と、ストレス環境が強い、イライラ感、ブルー感、下痢と便秘の繰り返し、お腹が張ってガスが出やすいなどの肝鬱気滞の症状が強く見られたので、体を温め、血の質を上げて血流を良くする漢方薬(温陽補血薬)と気の流れを良くしてストレスに強い体作りをする漢方薬(疎肝理気薬)を服用していただきました。根気よく漢方薬を服用していただいて、半年後には生理が再開しましたが生理周期は40~45と遅月経の傾向は残りました。その後もずっと漢方薬を継続して生理は自然に来ていましたが、結婚されて1年間経過しても妊娠に至らないとのことで、今度は卵巣機能を高める漢方薬(補腎薬)を追加して服用していただきました。3ヶ月後周期が正常になり、半年後、自然妊娠され、現在流産予防の漢方薬を服用しながら順調に経過しています。

ページの先頭へ