妙泉堂薬局

  • 要予約
  • ご来店の際はご予約をお願いします。

058-274-6063

営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週月曜日・火曜日

お問合せはこちら

2014年10月<39才 高FSH 男性不妊 体外受精>

2014年10月<39才 高FSH 男性不妊 体外受精>

妊娠おめでとう報告

結婚して12年目のご夫婦。なかなか妊娠できないため半ば妊娠を諦めていましたが、2年前 に子どもがどうしても欲しくなり病院へ。不妊検査の結果、奥様は卵管などには特に異常はないが、卵巣機能が低下してやや高FSH、黄体機能不全、ご主人は精子数が正常の1/20以下、運動率も5~10%で、すぐに体外受精を勧められました。採卵を3回、移植を4回実施しましたが、妊娠に至らず、FSHが 20以上と高くなり、排卵誘発剤が使えないため、しばらくの休養を勧められて、当店に来店。詳しく問診した後、奥様は排卵誘発剤の使用と年齢による卵巣機 能の低下(腎精不足)と、なかなか妊娠できないストレスによる血流障害(気滞血瘀)と判断して、理気活血薬(ストレスを緩和してリラックス効果により血流を良くする漢方薬)と補腎薬(卵巣機能の回復を図る漢方薬)の併用を、ご主人には男性不妊用の漢方薬をお奨めしました。漢方薬を服用して約6ヶ月後、体外 受精を実施され一回目の採卵・移植で妊娠陽性となり、流産予防の漢方薬を続けながら順調に経過しています。

ページの先頭へ